HOME>狩猟(剣鉈)一覧/通信販売>平城遷都『飛鳥刀(あすかとう)』九寸
豊国作
平城遷都『飛鳥刀』九寸


 

あをによし奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり。

平安遷都1300年。
かけがえのない文化遺産日本人の心のまほろば。
和の美湛えるカシュー漆塗り。

初代・豊国から受け継いだ、典雅な拵え。
濡れたような光沢のカシュー漆塗りの鞘は、まさに美術工芸品。
精妙にして貴(あて)やか。
典雅な趣の鞘拵え。

日本という国の礎が築かれた平城京。
1300年前、国号が定まり元号制度も確立される中、飛鳥の藤原京から平城京へ遷都。
養老律令の制定など、律令国家として国の骨格が形作られた時代である。
現代という混迷の時代だからこそ日本の原点を忘れず、日本人の心のまほろばに思いを遊ばせ、四代目・豊国が精魂込め鍛え上げた《『飛鳥刀』旧寸》。

特筆すべきは、日本伝統の蒔絵技法を応用、吉祥の願い込め手間暇かけて誂えた鞘拵えだ。
カシュー漆は耐水性、耐熱性に優れ、キズつきにくく、濡れたような光沢ある美しさは絶品。
一つ一つ豊国自ら十五回以上もカシュー漆を塗り重ね表現された典雅な趣は、日本の美を湛え見る者を魅了する。

作刀法は、土佐オリジナル白鋼を土佐伝統の自由鍛造法により本割込み。
丹念に研ぎ上げた磨き仕上げの刀身は、まさに切れ味も鮮やかな一生ものだ。
樫の柄にはライフル銃に刻まれるテェッカーを機械彫りし、濡れても滑らない。



●全長約445mm/刃長約270mm/刃幅約32mm/刃厚約6mm/約510g/刀身=土佐オリジナル白鋼本割込、地鉄=極軟鋼/柄=樫チェッカー彫り/鞘=朴(ほお)カシュー漆塗り、牛革製ベルト通し付/口金=ステンレス/日本製

※製作工程に日数がかかるため、お届けまでに一ヶ月前後かかる場合がありますのでご了承ください。

 

商品一覧

表示方法

2件中 1件〜2件を表示しています。

1
ご注文について